周りに合わせようとして、自分を犠牲にしたり、無理をする人はストレスに弱い?【自分を抑えすぎる】

Pocket

コミュニケーションセラピスト、家族支援カウンセラーの小瀧弘美です。

 

周りに合わせようと頑張る人は、自分を犠牲にしたり、無理をするのでストレスに弱いと言われます。

会社や学校という集団の中にいるとみんなとコミュニケーションをとることは大切です。上手なコミュニケーションをとることで集団の中で自分のポジションを確立することも、居心地よく暮らすことに必要かもしれません。

ですが、無理に合わせようとする人はそもそもそういう集団にいることが苦手だったりします。

飲み会に行きたくないのにガマンして行くとか、一次会で帰りたいのに二次会に行く。

本当は飲み会になんか行かずに家でのんびりしたい。二次会なんか行かずに早く帰りたいって思っているのに、「みんなが行くから」「あとで、付き合いが悪いとか言われるのがイヤ」とか考えて、自分の意見を言えずに行ってしまえば、ストレスも溜まりますね。

ランチの時間、「今日はラーメンが食べたい」のに言いだせず、みんなと一緒に和食を食べにいく、なんてこのタイプの人はよくあるのではないでしょうか。食べたいものも食べず、食べたくないものに付き合う、こんなことを繰り返していたらストレスが溜まるのは当たり前です。

自分はそういう性格だから、と諦めてしまいますか?

こういう時、上手に自分の気持ちを相手に伝えられたらいいですよね。もちろん、相手を不快にさせずに。

 

ご提供メニューはこちら

個人カウンセリングやっています。

ストレスランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です